>

世界に一つだけのティアラ

自分だけのティアラにする

結婚式場ではウェディングドレスの他に、身に付けるティアラを選択できます。
しかし良いデザインが見つからないかもしれませんし、誰かと被る可能性があります。
誰とも被らず、自分のイメージに一致するティアラを求めているなら作ってください。
パーツを組み合わせれば簡単に作れるので、今は手作りにする人が増えています。

自分で作ったティアラを結婚式で付けると、さらに良い思い出になるでしょう。
うまくティアラを作るコツは、デザインを前もってしっかり固めることです。
デザインが決まらないと、どのパーツを用意すれば良いのかわかりません。
また適当にパーツを組み合わせることになりますが、それではクオリティーが低くなってしまいます。

ドレスを先に決めた方が良い

ティアラを先に作ろうと思っても、イメージが湧きません。
またティアラが完成した後でウェディングドレスを決めると、それぞれが合わなくなってしまいます。
ウェディングドレスに合うティアラを作れるように、先にドレスを決めてください。
気に入ったウェディングドレスを見ていると、ティアラのイメージも湧くでしょう。

どうしてもデザインが決まらなかったら、他の人のデザインを参考してください。
ただあくまでも参考にするだけで、完全にマネするのはいけません。
マネするとオリジナリティを発揮できませんし、デザインの盗用になってしまいます。
またティアラには流行のデザインがあるので、オシャレに作りたい人はトレンドを意識しましょう。


この記事をシェアする