>

手作りキットもある

結婚式で付けられるように

まずはアルミワイヤーに、アーティスティックワイヤーを巻き付けてください。
それが、ティアラの土台になります。
そして土台に、パールや水晶などの好きなパーツをランダムに置きましょう。
綺麗なティアラに見せるコツは、ワイヤーが見えなくなるまでしっかり敷き詰めることです。
次にワイヤーで、枝と葉っぱのような形を作りましょう。
これをティアラに飾ることで、高さや幅が出てさらに見栄えが良くなります。

以上で、手作りティアラが完成します。
非常に簡単なので、1日あれば作れるでしょう。
手先が器用な人なら数時間で作れるので、時間を見つけて作業を行ってください。
ティアラは結婚式で使うので、少なくともそれまでには作り終えましょう。

説明書が付属されている

ネットで作り方を見ても、理解できない人が見られます。
またパールや水晶が、どのくらいあれば良いのかもわからない人がいるでしょう。
材料集めから不安を抱いている人は、手作りキットを買ってください。
手作りキットに全ての材料と、説明書が入っています。
ですから、自分で材料を買い揃える必要はありません。

何かを買い忘れる事態を防げますし、手作りキットさえ買えばすぐ作業に取り組めます。
わかりやすく作り方が説明されているので、初めてティアラを作る人や手先が不器用な人でも大丈夫です。
ただ手作りキットだけでは、凝ったデザインのティアラは作れません。
個性を発揮したいなら、せめてメタルパーツだけでも好きなものを用意しましょう。


この記事をシェアする