>

必要な材料を用意しよう

ワイヤーとコームの選び方

土台になるワイヤーを、まずは選択してください。
この時は、アルミワイヤーやアーティスティックワイヤーだと作りやすくなります。
さらに髪の毛にしっかりティアラを固定できるように、コームを用意してください。
小さすぎるサイズだと目立たなくなるので、8センチから10センチほどのものを選びましょう。
ただウェディングドレスのデザインによっては、小さいティアラの方が似合うかもしれません。

雑貨屋や手芸屋に行くと、ワイヤーやコームを購入できます。
後からパーツを飾り付けるので、できるだけシンプルなワイヤーやコームを選択してください。
ワイヤーやコームにも装飾があると派手に見えますし、パーツを飾り付ける時に邪魔になってしまいます。

好きなパーツを選択しよう

そしてティアラ作りで最も大事だと言われているのが、パールなどのパーツ選びです。
ポピュラーなものは樹脂パールやガラスパールで、安い価格で購入できます。
手頃な価格でも、安っぽく見えるわけではないので安心してください。
ただ本真珠に比べると、多少高級感は下がってしまいます。
ゴージャスなティアラにしたいなら、出費が増えますが淡水真珠や本真珠を選びましょう。

輝きを放つティアラを作りたいなら、水晶をパーツにしてください。
また葉っぱや蝶、花などのメタルパーツをアクセントに付けるのも人気のデザインです。
すると、自分らしさをより発揮できますね。
ですがメタルパーツを大量につけると派手に見えるので、1つだけに厳選してください。


この記事をシェアする